山梨県観光~桔梗屋レポ~

信玄餅詰め放題のための攻略をネットで調べた通り、石和健康ランドの部屋を5時45分に出て、桔梗屋 グリーンアウトレット1/2到着6時6分。

 

 

 

 

⑥お菓子の詰め放題』付近に、すでに信玄餅詰め放題のために並んでいる列発見!!(゜ロ゜ノ)

整理券配布まで時間があるので旦那に並んでもらっている間、ブログ用に写真撮影☆

まずはフェンスに桔梗屋を代表する商品の旗!

次に大きな看板が目に留まり、

トラックも勿論、信玄餅アピール☆

顔ハメパネルで観光地に来た気分♪

写真撮影も一段落し、山梨県の朝の寒さ(4℃)に耐えられなくなり(真冬・真夏・大雨だったら多分もっとキツいです。汗)、私と娘は一旦車に戻り、暖房28度まであげての待機(;・∀・)
日によるようですがこの日は客の入りが多かったらしく7時半には整理券配布。整理券配布の時はちゃんと並んでおかないと配ってもらえないらしい。
純粋に並んでいる人数を数えたら36番目だったのに、配られた整理券は73~75。

7時50分には220枚の整理券配布終了の看板。

整理券ゲット出来ずがくりと肩を落とす人たちは、7時50分ちょっと前に着いて列に加わった人たちなので、まぁ仕方ないでしょう。
次におおよその時間が貼られました。

この日は8時半開店(開店時間も客の入りにより時間変動との事。)、70番台の我らは9時半頃というのが分かりました。
整理券をもらったらすぐにネットの攻略通り、向かいの『⑧工場アウトレット1/2社員特価販売』の店舗に並びます。

こちらも人気で開店後でも入店に1時間待ちになったりするようです。
詰め放題スタートと同じ開店なので、配られた整理券が詰め放題の2巡目以降であれば、⑧に即座に並んでおくべきですっ!
8時半ちょっと前に詰め放題整理券1番あたりの人がゾロゾロ到着し、実際に並んでいた人数と配布された整理券の番号の大幅な差異は、信玄餅詰め放題プラン付きツアー観光バス1台分の人数に合致するような?!
8時半になり⑧にてアウトレット商品を購入。
狙っていた『桔梗信玄餅パン

を見付ける事が出来ず他の物様々購入。

セールの勢いだからあれもこれもかごに入れてしまいいくらアウトレット商品と言えども菓子で5千円弱も使ってしまい、、、(*_*;


外のベンチに腰掛け、購入品の中で当日が消費期限になっているものを朝食にして、

詰め放題の時間まで待機☆

ほぼ予定の時間通りに整理券番号が呼ばれ、先に入り口で袋を渡されるのでネットの攻略通りに慎重に伸ばします。
中に通され詰め放題開始!

圧倒的な信玄餅の量です。

これ全部賞味期限当日の物。
でもこれまたネットでは冷凍しても大丈夫と載っていたから早速ガシガシと詰めていきましょう!
私は途中で袋が破れて集中力が切れ戦意喪失(´д`|||)
袋が破れたら交換のルールの他、縛り方にも規定があります。

この縛り方が曲者でした。

続きまして④へ移動し工場見学。

手作業の割合が多いのですね!

何時間位同じ体勢で作業するのでしょうか!?
圧巻です☆

工場見学通路壁面にでっかい信玄餅の飾りとパネルなんかもあったり。

そこを抜けると、『⑦テーマパークカフェ

に繋がっており、アウトレット価格にてゲット出来なかった桔梗信玄餅パンを購入!

こちらは翌日の朝食にいただく事に。

さてはて、家族の詰め放題結果発表!

旦那・・・16個
私・・・13個
娘・・・14個

でしたー(@_@)
ネットの強者は20個と載っていたので目指したのですが、全く足元にも及ばなかったです。苦笑


しかしながら単純計算、7095円相当の信玄餅を660円でゲット(* ̄∇ ̄)ノ
勿論一気に食べられないので冷凍し、チビチビ朝食にいただく事にします♪

フォトロゲ南アルプス市振り返り

10月20日(土)フォトロゲ南アルプス市の振り返り!
多分これまで参加したどの大会よりも遠いロゲ。
基本、片道90分位以内で行ける範囲でエントリーしているけど、南アルプス市はお隣の山梨県だからちょっと頑張れば行けるかなっていうのと(南アルプス市は片道2時間以上です。汗)、監修の名前を見て、以前にこちらの監修の方が他の大会の監修をなさったレースに出て、ポイントの設定が旦那も私も好み(難しすぎず易しすぎず良いポイントのchoice)だったので申し込み締め切り数日前に急遽エントリーしたのであります。
レース前にはエントリーリストが公開され我らのカテゴリーは2チームのみ、入賞は確定したから優勝を獲りに行く感じ!?
参加賞にはあんパン。

こちらは行動食として持ち運ぶと潰れちゃいそうだから、次の日の朝食に回す事にして携帯せず。
南アルプス市の土偶キャラ『子宝の女神 ラヴィ』という私にとっては得体の知れない着ぐるみが応援にかけつけておりました。
(触れたら本当に妊娠できた人がいる…との噂有り!!!)

また地元の大学生が主体となってスタッフとして随所で頑張っていたのは印象的で、若者が地元を盛り上げるというのは素晴らしい取り組みだな~と。
南アルプス市は良く言えばのどか、なかなかポイントとなるような場所が少ないのか、今回は男子や混合でフルコンプのタイム争い。

我らもあと2箇所でフルコンプ出来たのでもうちょい頑張れれば自分たちのロゲの歴史にフルコンプを刻めたのに~┐(‘~`;)┌
まっでも優勝出来たし良しとしようっ!
久々、なんと5月ぶりの優勝っ☆
会場外のテントでは芦安の郷土料理『しょうゆの実』や手作り味噌の味噌汁、手打ちそば、シャインマスカットやパン、きゅうりなどがふるまわれ、南アルプス市の田舎の温かさをひしひしと感じました♪
おふるまいからも分かるように優勝賞品は農産物やパン✨

それから南アルプスのポストカードも入っていました。

また、ある特定のポイントを通過したらもらえるステッカーは、地元の大学生が作った物らしい!

凄いクオリティ☆
表彰式後、希望者は芦安キャンプサイトNo.2へ車移動し、16時より交流会『キャンプでナイト』

BBQ形式のおふるまい!

あかねますなどはなかなか貴重らしくスーパーなどには出回っていなくてあっても通販の高級品らしく、芦安の味をいただきました。
交流会ではロゲの世界ではかなり有名で我らにとって恐れ多い、日本を代表する選手の方と、このスポーツを始めてからの4年越しに初めてお話させていただく機会に恵まれ感動(T-T)
また他の大会で何度もお見かけした事はあっても話した事がなかった選手との情報交換や、監修の方からポイント選定の極意なんかを聞いたりして、交流会に参加する全ての選手がロゲイニングを愛し、熱っぽくロゲイニングを語り合い、自分たちもたいがいロゲイニング馬鹿だとは分かってはいましたが、ここにいる人皆も相当なロゲイニング馬鹿だなぁとニンマリしちゃう空間でした。笑
交流会後はテントを持って来ていればそのまま泊まれたのですが、我らは前日の夜までテント泊を悩んだ末、我らキャンプに不慣れなスペックでのテント張り始めの時間遅さやこの時期の山梨県の寒さにびびり、諦めて持って来なかったため、次の日の朝のスケジュールに合わせて1時間弱車で笛吹市まで移動し、スーパー銭湯で急遽泊まれる所を探し、2軒目にようやくヒット!
温泉に浸かってロゲの汗を流し、冷えきった体をあたため、あったかい屋内で就寝です。

2018.11.15 フッ素の働き

  • フッ化物水溶液でブクブクうがいフッ素は私たちの身近に自然に存在する元素のひとつで、多くの食品にも含まれる栄養素のひとつです。

    このフッ素がむし歯予防に活用されていることは一般的に知られるようになってきましたが、いったいどんな物質で、歯にどのような効果をもたらすのか、悪影響はないのか?
    気になっているけれど実際よくわからない、そんな人も多いのではないでしょうか。
    (続きを読む…)

2018年の夏休みラスト実家飯20180826と外食

朝食はスイカ食べ納めo(^o^)o
おやつは梨、出先でマンゴーかき氷(о´∀`о)

2018年夏ラスト実家飯は、リクエストの世界一のハハメシ餃子を大量に作ってもらいました(* ̄∇ ̄*)

夕飯は沼津に着いて、銀へ!


中華比率の高い一日でした~(;・∀・)

実家飯と誕生会20180825

朝食は目玉焼きと那須高原のウインナー(^ー^)

ランチは那須高原のメンチとスイカ。

近くのショッピングモールにて、フレッシュジュース購入。
ぶどうとキウイフルーツ。

夕飯は弟の誕生会で予約しておいたメヒコへ‼️

 

予約席なのでフラミンゴとの距離はわずかガラス1枚分の近さでお食事をいただけます。