アンチエイジング外来の目的

健康と若さを保ちながら、
年を重ねることを可能にする医学

 年齢を重ねても、老化による心身の衰えを防ぎ、生活の質(QOL)を高く保つことが可能となってきました。
このような、新たな医学の実践のために、当外来では、口腔と共に全身アンチエイジング(抗加齢)に関する一連の検査や対処法をご紹介しています。
口腔と全身の老化は相互に影響していることから、さまざまな検査により老化度を把握し、一人ひとりのライフスタイルに合わせた、老化を防ぐための提案をします。
鶴見大学歯学部附属病院では2005年7月に歯科大学では初めてアンチエイジング外来を開設しました。

鶴見大学歯学部附属病院
アンチエイジング外来

ニュース